風俗でお金を稼ぎたい!まずは体験入店で風俗を知ろう!

風俗で働いてある程度お金を稼ぎたい!体験入店で風俗について学びましょう。 - お金を稼ぐ方法としての風俗の仕事のデメリット

お金を稼ぐ方法としての風俗の仕事のデメリット

風俗の仕事は一般的な仕事よりも稼げるので魅力的です。
その気になれば1時間で1万円ほどの時給になるようなジャンルのものもあります。
ファーストフード店やコンビニエンスストアでアルバイトしても時給で1,000円弱ほどでしょう。

性的なサービスをすることでこだわりがないならば風俗で効率よく稼ぐほうが良いと判断する肉食系女子も多くなってきています。
ですが、いきなり仕事をするのではなくてお試しとして「体験入店」をさせてもらうようにしましょう。

自分がどの程度のサービスができるのかを実地で体験できるので有意義です。
やってみて「やっぱり私には無理……」と判断もできます。
後悔しないように事前に体験入店することをお薦めします。

それと同時に風俗で勤めることのデメリットも知っておきましょう。
今回は【お金を稼ぐ方法としての風俗の仕事のデメリット】をまとめておきます。

精神的に病んでしまうリスクがあります

従事する仕事がなんであれ関係なく、仕事をする場合は精神的に厳しいことを要求されます。
最悪は病気になってしまう可能性もあります。

特に風俗の場合は求められるサービスが多少ハードです。
精神的に止んでしまうリスクは他の業種よりも確率は高くなるでしょう。
見知らぬ男性に性的なサービスをするのです。
それなりの覚悟をしてから「体験入店」に臨んでください。

家族や知人に風俗をしていることがバレるとあなた自身の評価がダウンするかも?

風俗の仕事があるから性犯罪の抑止に繋がっている……こういいった好意的な見方をしてくれる意見もあります。
ですが世間一般的な目は、風俗に対してどうしてもマイナスイメージを持っているでしょう。

バレる可能性は極めて低いです。

htryjss
しかしゼロではないです。
風俗の仕事をしていることを家族が知ると悲しむ可能性は高いでしょうから、このことはしっかり頭において「体験入店」に臨みましょう。
女性でお金に困っているとか、もっと稼ぎたいと思っているならば風俗の仕事を考えたことがある人は少なくないでしょう。
でも初めて風俗の世界に入る場合は不安も多いと思います。
正式に勤める前に「体験入店」という方法もあります。

自分にできるかどうか一度試してから転職するなりダブルワークすることを考えると失敗しません。
そして、大切なことは風俗の仕事をする前に知識を得ることです。

今回は【風俗の仕事をする前にどの程度の稼ぎが欲しいのかを知る事の大切さ】をお話します。

普通の仕事よりも稼ぎが良い風俗業

一般の仕事でなくて風俗を選ぶ理由は、圧倒的に「稼ぎが良いから……」になります。
ですが風俗の業種によっても稼げる金額はことなります。
簡単な比較的ハードルの低いオナクラやセクキャバの場合は稼ぎもそれなりです。

性的サービスが濃厚になるほど稼げるシステムです

1日の稼ぎが20,000円から30,000円程度でいいならば、それほど濃厚な性的サービスを求められることはないでしょう。
ですが1日50,000円以上を稼ごうと思ったら、それなりにハードな密着プレイが要求されるわけですね。
一日にどの程度稼ぎたいのか――こういった面から業種を選ぶこともありです。

では風俗の仕事の1日の稼げる目安をご紹介しておきましょう。

  • 一日の仕事の稼ぎが20,000円から30,000円の風俗
    セクキャバ・オナクラ・性感エステ
  • 一日の仕事の稼ぎが30,000円から60,000円の風俗
    ファッションヘルス・ホテルヘルス・イメクラ・デリバリーヘルス
  • 一日の仕事の稼ぎが60,000円以上の風俗
    SMクラブ・ソープランド
  • 一日の仕事の稼ぎが200,000円以上の風俗
    アダルトビデオのプロダクション

以上のように、ハードなプレイができればできるほど儲かる仕組みです。

まずは、ソフトな風俗からチャレンジしてみてはどうでしょうか?
もちろん自信があればハードなジャンルでもいいでしょう。